部活動実績
部活動の記録

部活動の記録

第70回福島県高等学校体育大会サッカー競技 会津地区大会

第70回福島県高等学校体育大会サッカー競技会津地区大会が行われました。

1回戦

会津学鳳 2-0 葵
  前半 2-0
  後半 0-0

2回戦

会津学鳳 1-3 会津
  前半 1-2
  後半 0-1

敗者復活戦2回戦

会津学鳳 1-0 若松商業
  前半 1-0
  後半 0-0

代表決定戦

会津学鳳 0-1 葵
  前半 0-1
  後半 0-0

F3リーグ

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2024福島 会津地区リーグ(F3)が行われました。
会津学鳳 0-3 喜多方桐桜
  前半 0-2
  後半 0-1

会津学鳳 0-2 会津工業
  前半 0-1
  後半 0-1

F3リーグ

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2024福島 会津地区リーグ(F3)が行われました。
会津学鳳 0-1 会津
  前半 0-0
  後半 0-1

F3リーグ

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2024福島 会津地区リーグ(F3)が行われました。
会津学鳳 3-0 喜多方
  前半 1-0
  後半 2-0

 

「エスパル郡山『中テレ クリスマスドリーム2023』にて、ライブペイントを披露しました!(美術部)

2023年12月2日(土)~、JR郡山駅・エスパル郡山1階センターコートにて、毎年恒例のイベント『中テレ クリスマスドリーム2023』がスタートしました!

 

今年は、福島中央テレビ企画部様からの依頼で、国際的に活躍するアーティスト・森 陽香さんとのコラボレーション企画のお話があり、部員たちは「ふくしまのクリスマス」をテーマとした大型の壁画を塗料で描きました。

1・2年生の美術部員有志たちは作品の大部分を美術室で制作し、12月2日(土)14:00~15:00、エスパル郡山・1階センターコートにて沢山のお客様の目の前で最後の総仕上げを披露しました。

森さん担当の壁画の右半分はすでに完成しており、イベントでの森さんは巧みなペンさばきでリース装飾へのドローイングを披露しました。

井上 千沙アナウンサーがイベントの様子を生中継で館内放送してくださり、コラボレーションアートに興味を持ってくださったお客様たちでセンターコートがいっぱいになりました。

完成後、森さんと美術部員たちは作品の前に並び、記念撮影をしました。
『中テレ クリスマスドリーム2023』は、12月25日(月)まで開催されます。

コラボレーションアートの機会を与えてくださったエスパル郡山スタッフの皆様、福島中央テレビ企画部の皆様、はじまりの美術館館長 岡部 兼芳様、そして多くの来場者の皆様に心より御礼を申し上げます。

只見線全線運転再開1周年記念「只見線絵画コンテスト」において受賞しました! (美術部)

JR只見線が全線運転再開され1年が経ちました。

それを記念した絵画コンテスト「只見線絵画コンテスト」一般の部において、高校美術部員2名が受賞しました!

只見線全線運転再開1周年記念「只見線絵画コンテスト

 

■一般の部 

最優秀賞 塚原 彩 「初秋と只見川橋梁」 

 福島県立会津学鳳高等学校 1年

初秋と只見川橋梁

 

優秀賞 リン 恵夢 「紅葉の第一只見川橋梁」

福島県立会津学鳳高等学校 1年

紅葉の第一只見川橋梁

 

作品は11月30日(木)まで、只見線沿線の各地において展示されます。

奥会津観光の折は、ぜひお立ち寄りください。

只見線絵画コンテストスケジュール

 

展示会スケジュールはこちら

 

 

 

一箕公民館にて『黒板アート教室』を行いました!(美術部)

 2023年7月23日(日)10:00~12:00、一箕公民館様からのご依頼で、夏休みの小学生を対象に、本校美術部員4名が「黒板アート教室」の講師を務めました。

 市内の各小学校から13名の子供たちが集い、「会津ゆかりのもの」をテーマに、自由に黒板アートを描きました。

 講師役の美術部員たちは、小学生たちの自由奔放な発想と表現力に圧倒されながらも、丁寧にアートチョークの使い方について指導を行いました。

 そこに付き添いのお母さんたちも加わり、親子の楽しい黒板アートワークショップになりました。

 終了後、子供たちは嬉しそうに作品と一緒に記念撮影をしていました。

 美術部員たちにとって、教えることの難しさと喜びを実感する、とても貴重な経験となりました

 私たち美術部員に有意義な機会を与えてくださった会津若松市一箕公民館の皆様方に対し、心より御礼申し上げます。

  

F3リーグ

 高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2023福島会津地区リーグ(F3)が行われました。

会津学鳳 1-2 若松商業
  前半 0-1
  後半 1-1

F3リーグ

 高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2023福島会津地区リーグ(F3)が行われました。

会津学鳳 2-0 会津
  前半 1-0
  後半 1-0

 

F3リーグ

 高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2023福島会津地区リーグ(F3)が行われました。

会津学鳳 1-1 葵
  前半 0-0
  後半 1-1

F3リーグ

 高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2023福島会津地区リーグ(F3)が行われました。

会津学鳳 1-3 会津工業
  前半 0-2
  後半 1-1

会津学鳳 0-1 喜多方
  前半 0-1
  後半 0-0

 

F3リーグ

 高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2023福島会津地区リーグ(F3)が行われました。

会津学鳳 1-4 喜多方桐桜
  前半 0-2
  後半 1-2

 

「日学・黒板アート甲子園2022」において審査員特別賞を受賞しました!

「日学・黒板アート甲子園2022」の審査結果が10月12日(水)に発表され、美術部の作品「一龍 二鶴 三希望 ~往古来今かける鶴~」が審査員特別賞を受賞しました!

 

作品:「一龍 二鶴 三希望 ~往古来今かける鶴~」

作品解説:

中心に描いた金色の折鶴の煌めきは、往古来今(おうこらいこん ‥ 過去から未来へと綿々と紡がれる時間と空間の流れ)を生きる私たちの希望を象徴しています。「かける」は、「翔」「駆」「架」「繋」などの掛け言葉にできます。チューブから飛び出した七色の絵の具は、過去から未来へと彩られた時間の流れです。絵の具をつぶしている左の女子は、自分たちの力で未来を創るという意志力を、空間に「光」と揮毫する右の女子は、光が意味する希望を、自分たちの力で描くのだという決意を表現しています。絵の具の先端が変化した光を放つ龍は、過去・現在・未来を超越した私たちの夢の具現化です。実は、龍の頭と光の部分は、黒板の地そのままです。何も塗られていないこれらの部分には、私たちの未来は何色にでも染めることができる、未来は自分たちの力で描くことができる、という意味を込めました。

 

特別賞を授与してくださった審査員の熊沢 加奈子先生(日本チョークアーティスト協会 会長)から、以下のような嬉しい評価をいただきました。(日学HPより転載)

『折り鶴の細部の色使いに感動しました。また背景のグラデーションとメインの鶴とのコントラスト、全体のバランスをとるのが難しい曲線美を上手に表現されていて感心いたしました。』

 

今回は、これまでの上位入賞には今一歩及ばなかったものの、全国の強豪チームがひしめく中での「審査員特別賞」という結果に、メンバー一同納得の笑顔を見せていました。

これからもまた頑張ります!!

 

 

制作メンバー: 美術部2年 渡部 桃香(部長)  山口 悠花(副部長)

              皆方 媛  長谷川 楠々子  加藤 萌   鈴木 琳花

              髙橋 亜花里  冨田 咲羅  渡辺 杏菜

        美術部3年 海野 華凛   面川 心遥  岸本 万結  佐藤 文音

              長谷川 陽莉  本名 円佳  渡部 優奈

                                以上、16名

Fリーグ

 高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2022福島(F3)会津地区後期リーグが行われました。

会津学鳳 3-3 喜多方
  前半 3-1
  後半 0-2

会津学鳳 2-5 若松商業
  前半 2-2
  後半 0-3

 

Fリーグ

 7/10(日)、高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2022福島(F3)会津地区リーグ第7節が行われました。

会津学鳳 2-5 喜多方桐桜
  前半 1-3
  後半 1-2

前期リーグを1勝5敗で終えました。

後期リーグに向けて頑張ります。

 

部活動実績

名前 更新日
H18部活動実績.pdf 569
2019/06/08
H19部活動実績.pdf 512
2019/06/08
H27部活動実績.pdf 635
2019/06/08
H28部活動実績.pdf 2031
2019/06/08