学校長メッセージ

福島県立会津学鳳中学校・高等学校長  湯田 重哉

 会津学鳳高等学校は、大正13年に若松実業女学校として開校し、若松女子高等学校など、幾度かの校名変遷を経て、平成14年に男女共学の全日制総合学科の高等学校となった歴史と伝統を持つ学校です。また、会津学鳳中学校は、会津学鳳高等学校に併設する中高一貫教育校として平成19年に開校した本県唯一の県立中学校です。

 中学校の開校を機に、会津鶴ケ城の隣接地から現在地に移転し、名実ともに県内随一の学習環境を誇る併設型中高一貫教育校の会津学鳳中学校・高等学校として生まれ変わりました。

 教育方針に「夢と学ぶ意欲を育み、知・徳・体の調和の取れた視野の広い心身ともに健全な人間を育成する全人教育を行う」ことを掲げ、「国際化、情報化社会に夢拓く力の育成」をコンセプトに教育目標を定め、会津大学をはじめとする教育機関や研究機関等とも連携しながら、理数教育、外国語教育、国際理解教育、情報教育など様々な分野において、質の高い教育の実施に努めています。

 また、併設型中高一貫教育校としての利点を踏まえ、中学校において高等学校の学習内容を発展的に学ぶなど、生徒の進路実現が図られるよう教育課程を工夫するとともに、発達段階に応じたきめ細かな指導を行い、人間性と社会性に富む有為な人材の育成に取り組んでいます。

 更に、将来の国際的な科学技術者の育成を目指した国の事業である「スーパーサイエンスハイスクール事業」Ⅱ期目 5年間(平成28年度から平成32年度)の指定をうけました。最先端の科学技術に触れる体験型の学習等により、理数系学問や科学技術の魅力を生徒に伝えるべく取り組んでいます。

 これらの取組みとともに、保護者、地域、同窓会などとのつながりを密にしつつ、生徒の人生の基盤づくりに資する教育に努めてまいります。