部活動の記録

部活動の記録

F3リーグ

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2024福島 会津地区リーグ(F3)が行われました。
会津学鳳 4-0 若松商業
  前半 1-0
  後半 3-0

 

F3リーグ

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2024福島 会津地区リーグ(F3)が行われました。
会津学鳳 0-1 葵
  前半 0-1
  後半 0-0

第70回福島県高等学校体育大会サッカー競技 会津地区大会

第70回福島県高等学校体育大会サッカー競技会津地区大会が行われました。

1回戦

会津学鳳 2-0 葵
  前半 2-0
  後半 0-0

2回戦

会津学鳳 1-3 会津
  前半 1-2
  後半 0-1

敗者復活戦2回戦

会津学鳳 1-0 若松商業
  前半 1-0
  後半 0-0

代表決定戦

会津学鳳 0-1 葵
  前半 0-1
  後半 0-0

F3リーグ

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2024福島 会津地区リーグ(F3)が行われました。
会津学鳳 0-3 喜多方桐桜
  前半 0-2
  後半 0-1

会津学鳳 0-2 会津工業
  前半 0-1
  後半 0-1

F3リーグ

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2024福島 会津地区リーグ(F3)が行われました。
会津学鳳 0-1 会津
  前半 0-0
  後半 0-1

F3リーグ

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2024福島 会津地区リーグ(F3)が行われました。
会津学鳳 3-0 喜多方
  前半 1-0
  後半 2-0

 

「エスパル郡山『中テレ クリスマスドリーム2023』にて、ライブペイントを披露しました!(美術部)

2023年12月2日(土)~、JR郡山駅・エスパル郡山1階センターコートにて、毎年恒例のイベント『中テレ クリスマスドリーム2023』がスタートしました!

 

今年は、福島中央テレビ企画部様からの依頼で、国際的に活躍するアーティスト・森 陽香さんとのコラボレーション企画のお話があり、部員たちは「ふくしまのクリスマス」をテーマとした大型の壁画を塗料で描きました。

1・2年生の美術部員有志たちは作品の大部分を美術室で制作し、12月2日(土)14:00~15:00、エスパル郡山・1階センターコートにて沢山のお客様の目の前で最後の総仕上げを披露しました。

森さん担当の壁画の右半分はすでに完成しており、イベントでの森さんは巧みなペンさばきでリース装飾へのドローイングを披露しました。

井上 千沙アナウンサーがイベントの様子を生中継で館内放送してくださり、コラボレーションアートに興味を持ってくださったお客様たちでセンターコートがいっぱいになりました。

完成後、森さんと美術部員たちは作品の前に並び、記念撮影をしました。
『中テレ クリスマスドリーム2023』は、12月25日(月)まで開催されます。

コラボレーションアートの機会を与えてくださったエスパル郡山スタッフの皆様、福島中央テレビ企画部の皆様、はじまりの美術館館長 岡部 兼芳様、そして多くの来場者の皆様に心より御礼を申し上げます。

只見線全線運転再開1周年記念「只見線絵画コンテスト」において受賞しました! (美術部)

JR只見線が全線運転再開され1年が経ちました。

それを記念した絵画コンテスト「只見線絵画コンテスト」一般の部において、高校美術部員2名が受賞しました!

只見線全線運転再開1周年記念「只見線絵画コンテスト

 

■一般の部 

最優秀賞 塚原 彩 「初秋と只見川橋梁」 

 福島県立会津学鳳高等学校 1年

初秋と只見川橋梁

 

優秀賞 リン 恵夢 「紅葉の第一只見川橋梁」

福島県立会津学鳳高等学校 1年

紅葉の第一只見川橋梁

 

作品は11月30日(木)まで、只見線沿線の各地において展示されます。

奥会津観光の折は、ぜひお立ち寄りください。

只見線絵画コンテストスケジュール

 

展示会スケジュールはこちら

 

 

 

一箕公民館にて『黒板アート教室』を行いました!(美術部)

 2023年7月23日(日)10:00~12:00、一箕公民館様からのご依頼で、夏休みの小学生を対象に、本校美術部員4名が「黒板アート教室」の講師を務めました。

 市内の各小学校から13名の子供たちが集い、「会津ゆかりのもの」をテーマに、自由に黒板アートを描きました。

 講師役の美術部員たちは、小学生たちの自由奔放な発想と表現力に圧倒されながらも、丁寧にアートチョークの使い方について指導を行いました。

 そこに付き添いのお母さんたちも加わり、親子の楽しい黒板アートワークショップになりました。

 終了後、子供たちは嬉しそうに作品と一緒に記念撮影をしていました。

 美術部員たちにとって、教えることの難しさと喜びを実感する、とても貴重な経験となりました

 私たち美術部員に有意義な機会を与えてくださった会津若松市一箕公民館の皆様方に対し、心より御礼申し上げます。

  

F3リーグ

 高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2023福島会津地区リーグ(F3)が行われました。

会津学鳳 1-2 若松商業
  前半 0-1
  後半 1-1

F3リーグ

 高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2023福島会津地区リーグ(F3)が行われました。

会津学鳳 2-0 会津
  前半 1-0
  後半 1-0

 

F3リーグ

 高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2023福島会津地区リーグ(F3)が行われました。

会津学鳳 1-1 葵
  前半 0-0
  後半 1-1

F3リーグ

 高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2023福島会津地区リーグ(F3)が行われました。

会津学鳳 1-3 会津工業
  前半 0-2
  後半 1-1

会津学鳳 0-1 喜多方
  前半 0-1
  後半 0-0

 

F3リーグ

 高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2023福島会津地区リーグ(F3)が行われました。

会津学鳳 1-4 喜多方桐桜
  前半 0-2
  後半 1-2

 

「日学・黒板アート甲子園2022」において審査員特別賞を受賞しました!

「日学・黒板アート甲子園2022」の審査結果が10月12日(水)に発表され、美術部の作品「一龍 二鶴 三希望 ~往古来今かける鶴~」が審査員特別賞を受賞しました!

 

作品:「一龍 二鶴 三希望 ~往古来今かける鶴~」

作品解説:

中心に描いた金色の折鶴の煌めきは、往古来今(おうこらいこん ‥ 過去から未来へと綿々と紡がれる時間と空間の流れ)を生きる私たちの希望を象徴しています。「かける」は、「翔」「駆」「架」「繋」などの掛け言葉にできます。チューブから飛び出した七色の絵の具は、過去から未来へと彩られた時間の流れです。絵の具をつぶしている左の女子は、自分たちの力で未来を創るという意志力を、空間に「光」と揮毫する右の女子は、光が意味する希望を、自分たちの力で描くのだという決意を表現しています。絵の具の先端が変化した光を放つ龍は、過去・現在・未来を超越した私たちの夢の具現化です。実は、龍の頭と光の部分は、黒板の地そのままです。何も塗られていないこれらの部分には、私たちの未来は何色にでも染めることができる、未来は自分たちの力で描くことができる、という意味を込めました。

 

特別賞を授与してくださった審査員の熊沢 加奈子先生(日本チョークアーティスト協会 会長)から、以下のような嬉しい評価をいただきました。(日学HPより転載)

『折り鶴の細部の色使いに感動しました。また背景のグラデーションとメインの鶴とのコントラスト、全体のバランスをとるのが難しい曲線美を上手に表現されていて感心いたしました。』

 

今回は、これまでの上位入賞には今一歩及ばなかったものの、全国の強豪チームがひしめく中での「審査員特別賞」という結果に、メンバー一同納得の笑顔を見せていました。

これからもまた頑張ります!!

 

 

制作メンバー: 美術部2年 渡部 桃香(部長)  山口 悠花(副部長)

              皆方 媛  長谷川 楠々子  加藤 萌   鈴木 琳花

              髙橋 亜花里  冨田 咲羅  渡辺 杏菜

        美術部3年 海野 華凛   面川 心遥  岸本 万結  佐藤 文音

              長谷川 陽莉  本名 円佳  渡部 優奈

                                以上、16名

Fリーグ

 高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2022福島(F3)会津地区後期リーグが行われました。

会津学鳳 3-3 喜多方
  前半 3-1
  後半 0-2

会津学鳳 2-5 若松商業
  前半 2-2
  後半 0-3

 

Fリーグ

 7/10(日)、高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2022福島(F3)会津地区リーグ第7節が行われました。

会津学鳳 2-5 喜多方桐桜
  前半 1-3
  後半 1-2

前期リーグを1勝5敗で終えました。

後期リーグに向けて頑張ります。

 

Fリーグ

 7/2(土)、高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2022福島(F3)会津地区リーグ第6節が行われました。

会津学鳳 0-2 会津工業
  前半 0-0
  後半 0-2

 

会津若松警察署様からの依頼で、「なりすまし詐欺撃退!」黒板アートを制作しました

会津若松警察署様からの依頼で、美術部の1年生と2年生の有志たちが「なりすまし詐欺被害撃退!」黒板アートの制作に取り組みました。

5月11日(水)、関根隆行生活安全課長から講話をいただき、部員たちは県内の詐欺被害の状況について理解を深めました。部員たちはこの後、どのように表現すれば高齢者の方たちになりすまし詐欺の危険性を理解していただけるか知恵を絞り、苦心ながら作品の制作に取り組みました。

6月20日(月)、斎藤秀幸会津若松警察署長のご臨席のもと、美術室において完成した黒板アート4作品のお披露目会が開催されました。部員たちは、斎藤署長からねぎらいの言葉をいただき、感激の面持ちでした。

今後、部員たちは、これらの作品を活用した防犯チラシ等の作成に取り組み、なりすまし詐欺被害防止に向けた広報活動に貢献していきます!

 

 

    

【朝日新聞デジタル】(全作品画像あり)

「ATM操作させる悪魔」にご注意 黒板アート強豪校が警察とタッグ (22/6/27)

https://www.asahi.com/articles/ASQ6V7DSZQ6NUGTB00D.html

 

【みんゆうNet(福島民友新聞社)】

なりすまし被害防止‥黒板アートに思い 会津学鳳高美術部が制作 (22/6/27)

https://www.minyu-net.com/news/news/FM20220611-709647.php

 

【Twitter福島県警察 安全・安心情報】

福島県立会津学鳳高等学校と会津若松署による【なりすまし詐欺撃退プロジェクト】

黒板アートメイキング動画(動画制作:1年生美術部員) (22/6/22)

https://twitter.com/FP_seian/status/1539524688103493632?cxt=HHwWgMDS1YHjvt0qAAAA

 

【Youtube】

◎福島テレNEWS (福島テレビ)

警察が協力要請したのは美術部 『黒板アート』トップレベルの技術でなりすまし詐欺被害防止【福島発】(22/06/19 )

https://www.youtube.com/watch?v=DXwOyDR0s8Q

 

◎福島テレNEWS (福島テレビ)

高校生が描く『黒板アート』お題は「なりすまし詐欺への注意喚起」 啓発ポスターに【福島発】(22/06/24)

https://www.youtube.com/watch?v=J857nV73z2E

Fリーグ

 6/18(土)、高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2022福島(F3)会津地区リーグ第5節が行われました。

会津学鳳 2-3 喜多方
  前半 1-1
  後半 1-2

ボールをしっかりとコントロールすることをテーマとして試合に臨みました。
開始早々ボールが落ち着かない状況の中、ミドルシュートが決まり、先制。
その後、相手にボールをもたれる時間が多くなり、サイドを崩されて失点。
個人でサイドを突破し、クロスを中央であわせて得点するが、キーパーのキャッチミスやゴール前で簡単にかわされて失点。

 

音楽関係部活動、各種発表会シーズン!&吹奏楽部第20回定期演奏会開催しました

 会津学鳳には、合唱部・器楽部・吹奏楽部の3つの部があり、中学生と高校生が共に協力しながら日々理想の音楽を目指し活発に活動しています。5月下旬からの1か月は各種発表会シーズンとなり、3年ぶりの全会津合唱祭(合唱)、2年ぶりに有観客で行われた全会津音楽学習発表会(合唱・器楽・吹奏楽)に参加してきました。

 さらに、吹奏楽部が20回の節目となる定期演奏会を開催し、地域の方々へ音楽を通して元気や笑顔を届けてくれました。お客様からの温かい拍手は、部員にとって最高のプレゼントだったことでしょう。ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 今後の予定として、県音楽学習発表会や7月の吹奏楽コンクール、8月の合唱部及び器楽部の定期演奏会が予定されています。

 コロナ禍にあっても、練習方法を上手に工夫しながら活動を続けている部員の演奏に乞うご期待!(写真は吹奏楽部定期演奏会リハーサル風景です)

 

 

JR磐越西線『快速あいづ号』、夏バージョンのヘッドマークで運行開始!(美術部)

 美術部は、JR東日本仙台支社「会津若松エリアプロジェクト」様の依頼を受け、磐越西線『快速あいづ号』のヘッドマークを、会津の四季をイメージした4パターンでデザインしました。

 6月からは夏バージョンとして、会津の伝統野菜をデザインしたヘッドマークが掲出されます。

 JR東日本仙台支社様の公式インスタグラムには、会津の伝統野菜・夏野菜の魅力とその調理法についての興味深い豆知識とともに、美術部による夏バージョンのヘッドマークデザインが掲載されております。

 

 インスタグラムをご利用の方は、ぜひご覧ください。

https://www.instagram.com/p/CeSwinDPSqD/?igshid=YmMyMTA2M2Y=

第68回福島県高等学校体育大会サッカー競技会津地区大会

 5/12~14、第68回福島県高等学校体育大会サッカー競技会津地区大会に参加しました。

会津学鳳 1-3 喜多方桐桜
  前半 0-1
  後半 1-0
  延前 0-1
  延後 0-1

 

前半、守備陣形をコンパクトにして相手のプレーできるスペースを消してプレッシャーをかけるが、ラインが崩れたところで、DF間にパスを通され、失点。後半、ボールを奪う回数が増え、徐々にパスも回せるようになり、高い位置でボールを奪い、同点に追いつく。延長、足が止まってきたところで、CKからマークを外して失点、横パスを奪われてカウンターから失点。

会津学鳳 0-2 若松商業
  前半 0-0
  後半 0-2

 

前回の試合と同様に、コンパクトなサッカーを心掛け、一進一退の攻防が続くが、CKをGKがファンブルし、そのこぼれ球の混戦から失点。前がかりになったところを突かれて失点。

Fリーグ

 5/7(土)、高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2022福島(F3)会津地区リーグ第3節が行われました。

会津学鳳 0-4 葵
  前半 0-0
  後半 0-4

 

 

前半、ボールを収められずに攻撃を展開できない場面が多く、立ち上がりから攻め込まれるが、粘り強い守備で無失点で終える。後半開始早々、こぼれたボールを味方同士が譲り合って相手ボールとなり、クロスから失点。さらに、インターセプトからDFが背後をとられたり、スルーパスにDFが対応できずに失点。

Fリーグ

 5/3(火)、高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2022福島(F3)会津地区リーグ第2節が行われました。

会津学鳳 0-4 会津
  前半 0-2
  後半 0-2

 

「連動性・かかわり」をテーマに試合に臨みました。
前半、DFの判断ミスにより相手にフリーな状態でボールをもたれ、DFが背後をとられて失点。終了間際にも判断ミスによるペナルティーエリア内でのボールロストから失点。後半に入っても、GKが予測を誤って失点。さらに、カウンターから失点。
自分たちのミスによる失点が多く、組織的守備からのボール奪取もあまりできず、課題と反省ばかりが残る試合となった。これらの課題を修正し次節に臨みたい。

Fリーグ

 5/1(日)、高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2022福島(F3)会津地区リーグ第1節が行われました。

会津学鳳 1-0 若松商業
  前半 0-0
  後半 1-0

 

 

 拮抗したゲーム展開の中、練習してきたプレスでボール奪取し、得点をあげる。その後は相手に押し込まれる展開となったが、集中を切らさず粘り強い守備やGKのファインセーブにより耐えしのいだ。

第二回東北六県高校書道交流展に出品しました

 この東北六県高校書道交流展は、各県2校が参加できる展覧会です。

 縦3メートル×横3メートルの正方形の作品は国宝である「瑞巌寺」に展示され、縦4メートル横6メートルの長方形の作品は「仙台メディアテーク」に展示されました。両会場とも1000人を超える方々が足を運んでくださいました。

 私たちの平和を願う思いや、今こうして新型コロナウイルス感染症や戦争で世の中が混乱している中、平和に過ごすことができていることへの感謝と、一刻も早い収束への願いを込めました。また、見て下さる方々に勇気や元気を与えたいという気持ちを込めて制作しました。

 

 

磐越西線『快速あいづ号』が、美術部デザインのヘッドマークを掲げて運行します

 JR東日本仙台支社「会津若松エリアプロジェクト」は、JR東日本仙台支社の皆様が社内の垣根を越えて、地域と一体となって会津の観光活性化に取り組むプロジェクトです。


 JR様から依頼を受けた美術部員たちは、会津の四季をイメージした磐越西線『快速あいづ号』のヘッドマークデザインに取り組みました。
 3月18日(金)、会津若松エリアプロジェクトの皆様が、部員たちに完成したばかりのヘッドマークをお披露目するために来校されました。
 部員たちはずっしりとした金属製のヘッドマークを手に取り、その大きさと重さに歓喜の声を上げていました。
 4月1日から1年間、郡山駅~会津若松駅間で、季節ごとに4パターンのヘッドマークを付けた『快速あいづ号』が運行します。
 『快速あいづ号』に乗車して、多くの方々が会津の観光に訪れてくれることを、部員一同願っています。


https://news.yahoo.co.jp/articles/11da38d32df023107bdaecac71c21f2807e499ce

美術部が建築現場に掛ける足場シートのデザインをしました

 会津若松市真宮に事務所を構える株式会社「スリートラスト工務店」様から、建築現場を囲う足場シートのデザイン依頼をいただきました。

 「建築現場を明るくポジティブなイメージにし、地域の日常に彩りをプラスしたい」との趣旨に賛同し、美術部員有志が会津の暮らしをイメージしたイラストレーションを制作しました。

 スリートラスト工務店様のHPから、シートのデザインと、建築現場で使用されている様子を観ることができます。

 URL:https://builders.three-trust.net/

 建築現場のイメージアップと、街の景観に彩りを添える企画に貢献できて、美術部員一同とても嬉しいです!

美術部がNHK Eテレ「沼にハマってきいてみた」に出演しました

 2月16日(水)、NHK Eテレの若者・ジュニア向けバラエティー番組「沼にハマってきいてみた」~「卒業制作ムービー 感動&爆笑の作品が誕生!?」に、本校美術部が出演しました。

 ◎番組テーマ:

「まもなく卒業シーズン、到来!/青春の1ページを残したいと仲間と撮影したり、部活の先輩の卒業を祝う動画作りに奮闘したり。/高校生たち入魂の卒業制作ムービー作品を紹介!」

◎内容紹介:

「美術部の1・2年生が先輩たちに贈る黒板アート&ムービーを制作。/黒板アートの描き方のコツも紹介!」

 

 部長と副部長を中心に、部員たちみんなで、卒業する先輩たちが未来に向かって飛んで行く姿をテーマにした黒板アートを描きました。

 副部長は、番組MCやゲストの方々に黒板アートを描くコツを伝授(?)しました。

 視聴者のみなさんに黒板アートの魅力を伝えるため、部員一同頑張りました!

 

番組URL : https://www.nhk.jp/p/hamatta/ts/KNY2YKWLG9/

美術部が東京MXテレビで受賞しました

 東京MXテレビ(関東ローカル放送局)のアートバラエティ番組「小峠英二のなんて美だ!」の番組企画「高校生アート甲子園」が、12月28日(火)の放送回で完結しました。

 今回の「高校生アート甲子園」は、「コミュニケーション」というお題に基づき、全国6ブロックから選抜された6校がアート作品の短期制作を競い合いました。

 北海道・東北ブロック代表として出演した本校美術部の作品「コロニケーション」は、著名審査員による厳正な審査の結果、第2位にあたる「小峠賞」に輝きました。

 小峠さん、素晴らしい賞、どうもありがとうございました!(部員一同)

 

 各校の作品紹介&審査員評は、番組HP上に掲載されております。(放送回のYoutube公開はありません)

URL:http://nantebi-da.jp/art-koushien/

練習試合(サッカー部)

 12/5(日)、会津大学サッカー部と練習試合を行いました。

  会津学鳳     会津大学

(一本目)  1-0 

(二本目)  1-0

(三本目)  3-0

 

黒板アート甲子園で優秀賞(全国2位)に輝きました。

 11月11日(木)、「日学・黒板アート甲子園2021」の審査結果が発表され、本校美術部チーム(2年生11人)のチーム作品 「ふくしまが溢れて『百喜夜行』♪」が優秀賞(全国2位) に輝きました。


 本大会での上位入賞は、2019年の最優秀賞、 2020年の優秀賞に続く3年連続の成績です。

 美術部員一同、これからも頑張ります!

 

※この内容は福島民報新聞、福島民友新聞にも掲載されました。

 福島民報:会津学鳳高の作品が全国2位 黒板アート甲子園2021 福島西高も入賞

 福島民友:会津学鳳が優秀賞 黒板アート甲子園、福島西は入賞

美術部が東京MXテレビに出演しました

 東京MXテレビ(関東ローカル放送局)のアート番組「WoW! Ho! TV」内のコーナー「高校生アート甲子園」において、本校美術部が北海道・東北ブロック代表として出演しました。
 9月28日に放映された内容がYouTubeにアップされましたので、ご紹介します。

 https://youtu.be/XeZAstL4B1M

 なお、「WoW! Ho! TV」は10月5日をもって終了し、「高校生アート甲子園」は、同じMCによる新番組「小峠英二のなんて美だ!」(10月12日 24:00~スタート)に引き継がれました。

 「高校生アート甲子園」は、全国6ブロックから選抜された6校が、「お題」に基づいてアート作品の制作を競い合う企画です。
 結果は12月~1月ごろ発表される見通しで、優勝校の作品は番組主催のアートフェアに展示されます。
高校美術部界の頂点を目指して頑張ります!

ソフトボール部新人戦県大会

令和3年10月9日(土)

福島県高等学校新人体育大会ソフトボール競技に参加しました。

~結果~
会津学鳳・葵合同チーム VS  いわき光洋
3対4 負け

7回裏に逆転を許し、惜しくも敗れてしまいましたが、気持ちのこもったプレーを随所に見せてくれました。

今回の悔しい気持ちを忘れず、来春の大会に向けて頑張ってほしいと思います。
ともに戦ってくれた葵高校ソフトボール部の皆さん、本当にありがとうございました。

サッカー 練習試合

  7/10(土)、熱海フットボールセンターにて、練習試合を行いました。個人、チームとしての成果と課題が明確となりました。8/21(土)に行われる全国高等学校サッカー選手権福島県大会に向けて日々の練習に取り組んでいきます。

 対戦校の喜多方桐桜高校、若松商業高校の皆様、ありがとうございました。

        

 

ソフトボール部県総体地区大会

6月20日(日)会津学鳳高校グラウンドにて

県総体地区大会が行われました。


〜結果〜

若松商業高校 3対2  葵・学鳳合同チーム 負け
3年生最後の大会となりましたが、最後まであきらめずに戦い抜くことができました。

 

たくさんの応援ありがとうございました。

サッカー F3 第6節

 第6節 会津学鳳 2ー1 会津

〇今後の日程

  第7節 7/  4(日)喜多方

  第3節 7/23(金)葵

  第4節 8/  2(月)会津工業

ソフトボール部IH県大会

6月5日(土)

第67回福島県高等学校体育大会ソフトボール競技県大会が

郡山ふるさとの森で実施されました。

新型コロナウイルスの影響で無観客での実施となりました。

 

~結果~

福島成蹊高校 VS 葵学鳳合同チーム  19-3負け

 

次の地区総体に向けて、チームの課題を克服していきましょう!

 

サッカー F3 第5節

  第5節 会津学鳳 9ー1 ザベリオ学園

 

〇今後の日程

 

  第6節 6/12(土)会津

  第7節 7/  4(日)喜多方

  第3節 7/23(金)葵

  第4節 8/  2(月)会津工業

ソフトボール部地区大会

5月15日(土) 

第67回福島県高等学校体育大会ソフトボール競技会津地区大会

会津学鳳高校グランドにて実施されました。

新型コロナウイルスの影響で無観客での試合となりました。


〜結果〜

若松商業高校 対 葵学鳳合同チーム 8対1  負け

6月5日(土)より開催される県大会でも、学校の枠を越えて全員ソフトで頑張りたいと思います。

F3 第2節

  第2節 会津学鳳 1ー2 喜多方桐桜

 

 

〇今後の日程

  第3節 5/ 3(月)葵     延期

  第4節 5/ 8(土)会津工業  延期

  第5節 6/ 5(土)ザベリオ

  第6節 6/12(土)会津

  第7節 7/ 4(日)喜多方

F3 第1節

 4/25(日)、高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2021福島(Fリーグ)会津地区リーグ(F3)が開幕しました。

  第1節 会津学鳳 0-0 若松商業

〇今後の日程

  第2節 4/29(木)喜多方桐桜

  第3節 5/ 3(月)葵

  第4節 5/ 8(土)会津工業

  第5節 6/ 5(土)ザベリオ

  第6節 6/12(土)会津

  第7節 7/ 4(日)喜多方

 

 

エコキャップ(ペットボトルキャップ)を届けました

日  時: 令和3年2月12日(金)

場  所: 喜多方市社会福祉協議会

参加生徒: JRC特別同好会 部長 2年 神﨑夢歩  副部長 1年 鈴木啓也

 

令和3年2月12日(金)喜多方市社会福祉協議会へ、会津学鳳高等学校でJRC部員が回収したエコキャップ(ペットボトルキャップ)を届けました。約1年間集めた総重量は約78kgもあり、社会福祉協議会の方から伺ったところ、ワクチン39人分になるということでした!!発展途上国の子どもたちのワクチン代に利用されます。その際、会長の斎藤勇様より、感謝のお言葉をいただいたとともに、お褒めの言葉もいただきました。ご協力ありがとうございました。JRC部員も「小さなことからでも世界のためになっている」ことを実感しました。今後も頑張っていきたいと思います。

今後とも皆さんのご協力をお願いいたします。

 

JRC特別同好会 会津地区高等学校青少年赤十字(JRC)リーダーシップ・トレーニングセンターに参加しました

日 時 :令和元年8月20日(火)

場 所 :福間県立葵高等学校

参加生徒:JRC特別同好会1,2年生 4名

 

 葵高校で開催された会津地区のリーダーシップ・トレーニングセンター(通称TC)に,夏休みの終盤にあたる8/20(火)に参加しました。


 JRCでは,組織と活動の中核となる「生徒のリーダー」を養成することを目的にTCを実施しています。JRCでいう「リーダー」とは,リーダーシップを取る,ある特定のメンバーのことではありません。グループのメンバー全員が,グループの中で仕事や内容,時と場所によって,リーダーになったり,協力者になったりできることを指しています。


 今回は,「HUG(避難所運営ゲーム)」と「DIG(災害図上訓練)」を行いました。参加した生徒たちは,赤十字の方のご指導の下,災害時の避難所運営や学校周辺の災害時の起こりうる事象や対応などについて,他校の生徒たちと意見を出し合いながら,リーダーシップの取り方を学びました。参加した生徒は,今後の学校生活やJRC活動に大変有意義な学びを得ることができました。

吹奏楽部 定期演奏会のお知らせ

本校吹奏楽部の定期演奏会のお知らせです。

 

第18回定期演奏会

日 時:令和元年8月12日(月・祝) 13:30開場   14:00開演

場 所:會津風雅堂

入場料:200円(65歳以上、小学生以下 無料)

 

ぜひお越しください。

器楽部定期演奏会のお知らせ

本校器楽部の定期演奏会のお知らせです。

 

第18回定期演奏会

日 時:令和元年8月4日(日) 14:30開場   15:00開演

場 所:會津風雅堂

入場料:300円

 

ぜひお越しください。

合唱部定期演奏会のお知らせ

本校合唱部の定期演奏会のお知らせです。

 

第48回定期演奏会

 日 時:令和元年7月26日(金) 15:00開場   15:30開演

場 所:會津風雅堂

入場料:300円(未就学児無料)

 

ぜひお越しください。

吹奏楽部 吹奏楽コンクール会津支部大会にて、金賞を受賞(7月7日)

7月7日に行われた第57回福島県吹奏楽コンクール第37回会津支部大会にて、

本校吹奏楽部が金賞を受賞しました。

演奏曲

 課題曲Ⅱ マーチ「エイプリル・リーフ」(近藤 悠介 作曲)

 自由曲  ウインドオーケストラのためのマインドスケープ(高 昌帥 作曲)

 

7月28日にけんしん郡山文化センターにおいて行われる福島県大会にむけて、

より一層練習に励んでいきたいと思います。

 

吹奏楽部 福島県高等学校音楽学習発表会に参加(6月21日)

6月21日(金)、吹奏楽部がいわき市アリオスで行われた福島県高等学校音楽学習発表会に参加しました。
今年度の吹奏楽コンクール自由曲「ウィンドオーケストラのためのマインドスケープ」(高 昌帥 作曲)を演奏しました。

生徒はこれまでの練習の成果を発揮し、生き生きと演奏していました。今回の反省点を生かし、7月7日(日)の吹奏楽コンクール会津支部大会に向けて頑張りたいと思います。

演劇部 春の発表会のお知らせ

 来る6月12・13日(水・木),会津風雅堂にて会津地区演劇連盟の春の発表会が行われます。本校演劇部は13日(木)9:30~10:30に公演します。

 

上演作品は3-5樋口裕樹作『ラストダンス』です。三年生最後の作品となります。キャスト8人中6人が三年生です。彼らの集大成をぜひご覧ください。

 

練習の様子

「日学・黒板アート甲子園 2019」表彰式が行われました

「黒板アート甲子園 2019」で本校美術部の作品「おせち料理」が最優秀賞( 全国1位)を受賞したことを受けて、6月4日(火)、 主催する日学株式会社(東京都品川区) の吉田朋弘社長が来校され、表彰式が執り行われました。

吉田社長から、生徒たちに表彰状と副賞が手渡されました。

 表彰式の様子

写真、左から

丸山顧問、佐藤広大(2年)、鈴木胡桃(2年)、長谷川藍( 2年)、

猪俣くるみ(2年)、佐藤有珠(2年)、吉田社長

「日学・黒板アート甲子園2019」において、美術部が最優秀賞(全国1位)を受賞!

5月15日(水)に審査結果の発表があり、本校美術部2年生メンバーによる作品「おせち料理」が最優秀賞(全国1位)に選ばれました。

 

メンバー:長谷川 藍(2年・リーダー)

     猪俣 くるみ(2年)

     佐藤 有珠(2年)

     佐藤 広大(2年)

     鈴木 胡桃(2年)

 

作品は黒板にチョークで描かれており、春休み期間に10日間をかけて制作されました。

 

以下は、「日学・黒板アート甲子園2019」のホームページ(http://kokubanart.nichigaku.co.jp/

からの抜粋です


作品:「おせち料理」紹介文

メンバー5人で力を合わせ、日本の古き良き伝統文化であるおせち料理を黒板アートで表現しました。黒板全体を重箱に見立て、おせちの一品一品が飛び出してきそうな迫力を出そうと努力しました。おせち料理の美味しさ感と質感を出すのに、本当に苦労しました。描いているとき、お腹が空いてきて困りました。笑笑

 

【審査員評】

香りや味まで描こうとするていねいな描写力が説得力を持って見る人に語りかけてきます。それぞれの料理のもつ質感が見事に表現されています。黒板大に拡大されたおせち料理はさぞかし迫力があるでしょう。

色の使い方を工夫しながら、料理ごとにしっかり描き分け、「美味しさ感を出すのに苦労した」との事ですが、その苦労が良く伝わって来て、見ているこちらも空腹感が増してくるような素晴らしい作品です。


会津学鳳高校「おせち料理」美術部 2年生メンバー